カウンセリングを受けたいと思った時、ネットで検索しながら、どのカウンセラーを選べばよいのか悩むと思います。その際、何を基準に選べばよいのでしょうか。

まず、臨床心理士の資格を保有しているカウンセラーの中から選ぶのが無難です。臨床心理士になるためには、心理系の大学院卒後、資格試験に合格する必要があり、国内で最も信頼されている心理系の資格となっています。
他に心理系の資格として、2019年より、国家資格 公認心理師が誕生しました。こちらは修士でなくても取得できます。まだ新しい資格ですが、今後は認知されていく可能性が高いです。
臨床心理士を保有しているカウンセラーの中から選べば信頼感があり、併せて公認心理師も保有していればより安心です。
カウンセリングは継続が必要なため、通える範囲の立地で、臨床心理士(&公認心理師)保有者目安に探せば、絞ることができると思います。

次に専門分野です。
病院では専門分野が明記されていますが、臨床心理士の場合、明記されていないことが一般的です。しかし、ひとりひとりのカウンセラーは実際のところ自分の専門分野、得意分野を持っています。
当室の場合、「知的に高い人、母娘関係、不安、自己理解」などの専門分野をできるだけ詳細に記載しています。またあわせて、不得意分野も明記しています。

そして、カウンセラーを決める際に最も大切なのが、相性です。
当室のカウンセラーは皆、学ぶことが好きで、研鑽を続けています。しかし、カウンセラーとして学べば学ぶほど、つまるところ相性が大切であることを痛感させられます。
例えば、初めて会った人が、以前会った誰かと見た目や話し方が似ているなどの理由で、初対面から無意識的に好意やその逆の印象を感じることがあると思います。カウンセラーと初めて会った時も、様々なことを感じることは自然です。その時、来談者は、観察の目をカウンセラーに向けるのではなく、自分の心に向けて下さい。自分自身の心理を観察して、そのカウンセラーに対して、自分に中にどのような感情が生じているのか、なぜそのように感じているのか考え、その場でカウンセラーに話すことがカウンセリングとしてはとても有益です。

また、カウンセリング開始1~2回でカウンセラーによい印象を持てなかったとしたら、そのカウンセラーのカウンセリングを継続しようという意思を持つことは難しいでしょう。この場合は、早めに担当変更をすることをお勧めします(カウンセラーに直接遠慮なく仰って下さい。どうしても伝えづらい場合は、予約時のメールアドレス宛にメールをお送り下さい)。
もし、カウンセリングの初期段階で、親近感、好印象、信頼感など感じられるカウンセラーに出会えたら、それは縁だと思います。一旦自分をゆだねて、カウンセリングというものを試してしてみて下さい。